偽物NFTを購入しないために、気を付けるべき4つのポイント

暗号資産
Crypt Panda
NFTアートに偽物があるって本当?
CryptoPanda
NFTの偽物を買わないために、注意すべきポイントが4つあるよ

NFTは唯一無二のデジタルデータです。

しかし、NFTを生成する際、オープンマーケットであるOpenSeaにはデータ真偽を自動的に見分ける機能がないんです。

つまり、誰でも簡単に偽物NFTを生成することができるんです。。

そのため、Twitter上でも偽物NFTの出現が度々報告させています。

当記事では、NFTの偽物の購入を防ぐための、4つのポイントをお知らせします。

NFTの偽物って何?

NFTを生成する際、NFTのオープンマーケットであるOpenSeaではデータ真偽を自動的に見分ける機能がありません。

OpenSeaでは誰でもMint(:NFT生成)し、NFTを生成することができます。

そのため、偽のNFTも簡単にMintすることができるんです。

NFTアートの偽物を購入しないためのポイントは4つ

Crypt Panda
偽物NFTアートを購入しないために、気をつべき点をお伝えするよ~!

NFTアートの偽物を購入しないためのポイントは4つ あります。

  • コレクションのSNSをチェックする
  • 公式マークを確認する
  • 検索機能を信じない
  • コレクションの取引量をチェックする

それでは、偽物NFTアートを購入しないために、気をつべき4つのポイントを一つ一つ説明させて頂きます。

コレクションのSNSをチェックする

OpenSeaのコレクションには各コレクション毎にSNSが紐づけられています。

購入前は、コレクションに紐づけされているTwitter、インスタ、Discordなどのサイトを必ずチェックしましょう。

SNSをクリエーターさんの過去の実績などを知ることができます。

また反対に、購入したいクリエーターさんの公式Twitterから、NFTの購入画面にいくのがいいかもしれません。

普段からTwitterで興味のあるクリエーターさんのNFTアート情報を確認するのが大切です。

公式マークを確認する

OpenSeaのアイコン名の横にある、 【 青色チェックマーク 】 をご存知でしょうか?

著名なクリエーターや団体がのコレクションには青色チェックマーク がついています。

すべての公式コレクションに青色チェックマークが付くわけではないですが、青色チェックマークがあれば安心です。

検索機能を信じない

OpenSea Top画面の検索機能で、世界一有名なNFT「CryptoPanks」を検索します。

しかし、公式の「CryptoPanks」 がなかなかでてきません。

検索機能が、すべて正しいNFTを検索するとは限らない点も注意が必要です。

コレクションの取引量をチェックする

コレクションのオーナー数(owners)及び取引量(volume traded)をチェックしましょう。著名なコレクションにも関わらず、取引量がないとおかしいですよね。

きちんと過去の取引量があるか確認することが大切です。

まとめ

最後にまとめます。 NFT偽物アートを購入しないために、気を付けるべき4つのポイントです。

  • コレクションのSNSをチェックする
  • 公式マークを確認する
  • 検索機能を信じない
  • コレクションの取引量をチェックする

気をつける点を事前を知っておけば、誰でもNFTを楽しむことができます。NFTの売買に興味を持たれた方は下記サイトをよければご参照ください。