【初心者向け】NFTの始め方を徹底解説

暗号資産
しょうじ
今回はNFTの購入・販売の始め方をわかりやすく、説明させて頂きます!
しょうじ
NFTはきちんとした手順をふめば、簡単に始めることができるよ~!

巷で話題のNFT。

NFTには下記ような可愛い・カッコイイ、NFTコレクションがたくさんあります。

このようなNFTを購入・販売する方法は難しい?と思われている方は多いのではないでしょうか?

自分の作品をNFTとして購入・販売し始めたい!けど難しそう。。

この記事を最後まで読めば、NFTを始めることができます。

NFTを購入・販売する際に必要な、主な手順はたった5つです。

しょうじ
NFTを始める事前準備は5つだけだよ~!
  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所でイーサリアムを購入する。
  2. MetaMask(メタマスク)の登録をする。
  3. MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを入金する。
  4. OpenSea(世界最大級のNFTマーケットプレイス)へ接続する。
  5. NFTを購入・販売する。

また最後にNFTを取り扱う際の注意点を説明させて頂きます。NFTを取り扱う前に、注意すべき点を知っておくことが大切です。

NFTとは?

NFTは唯一無二のデジタルアートだよ!世界に一つだから資産性があるんだね!

NFTは 「世界にひとつしかないデジタルデータ」

NFTはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略で、ブロックチェーン上で発行された”1点モノ”を意味します。

しかしこれじゃ、ちょっとわかりにくいですよね。。

NFTをわかりやすく言うと改ざんできないシリアル番号が振ってある、デジタルデータです。

シリアル番号が一つ一つふってあるので、唯一無二のデジタルデータになります。

NFTの始め方

しょうじ
世界で一番、NFT売買で使用されているマーケットがOpenSeaだよ!使い方も簡単!

世界最大のNFTオープンマーケットは 「OpenSea」 です。

このOpenSeaでNFTを売買することができます。

また、NFTの売買は暗号資産で行われます。

おもに使用される通貨は「イーサリアム」です。

【NFTの始め方 ①】暗号資産取引所でイーサリアムを購入する。

しょうじ
NFTを売買するには、暗号資産(仮想通貨)が必要だよ!
しょうじ
暗号通貨(仮想通貨)の取引が初めての方は、コインチェックがおすすめ!
使い方が簡単だよ!

NFTの購入・販売する事前準備として暗号資産(仮想通貨)の イーサリアムを購入する必要があります。イーサリアムとは、ビットコインに続き、時価総額上位の暗号資産です。

補足説明:今回はイーサリアムを使用する前提で説明させて頂きます。

【コインチェック】暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設方法|たった3STEP

ここからコインチェックの口座開設までの流れを手順ごとに紹介させて頂きます。

STEP1:アカウント登録

コインチェックのTOP画面に移動します。

Topページ上の【会員登録】をクリックします。

①メールアドレスと半角英数字混合のパスワードを設定してください。

②「私はロボットではありません 」をクリックします。

③ 【会員登録】をクリックします。

下記画面が表示されます。

すると登録したアドレスに、メールが届くので、URLをクリックすればアカウント登録完了です。

STEP2:必要書類の確認

口座開設に向けて、必要書類の確認をしていきます。

まず【各種重要事項を確認する】をクリックします。

各重要書類を確認する必要があります。

承諾・確約できれば、【各種重要事項に同意、承諾してサービルを利用する】をクリックします。

次に【本人確認書類を提出する】をクリックします。

電話番号を入力して【 SMSを送信する 】をクリックします。

電話番号認証の手続きを行います。

STEP3:本人確認書類を提出

「氏名」「生年月日」「住所」「性別」などの基本情報の入力に進みます。

本人確認書類の提出には【アプリが使えない、現住所記載の書類をお持ちでない方はこちら 】 から進むとスムーズです。

また手元に準備した本人確認書を登録していきます。

登録可能な本人確認書類は、👇記となります。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

今後口座へ日本円を入金すればビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を購入できます。

【NFTの始め方 ②】MetaMask(メタマスク)の登録をする。

しょうじ
MetaMask(メタマスク)はNFTを購入する際に必要なお財布だよ!

次にMetaMask(メタマスク)の登録をする必要があります。

MetaMaskとは暗号資産(仮想通貨)イーサリアムを保管するウォレット、つまり”お財布”です。

NFTを購入するOpenSeaにこの”財布”を持っていく必要があります。

MetaMaskの登録については、下記サイトでまとめておりますので、ご参照ください。

【NFTの始め方 ③】MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを入金する。

しょうじ
お財布(MetaMask)に暗号資産を入金するよ~!

イーサリアムをOpenSeaで使用するためには、イーサリアムを”暗号資産取引所”から””MetaMask”に送金する必要があります。

MetaMaskのメイン画面のアカウント名にカーソルを合わせると、「クリップボードにコピー」と表示されるので、クリックします。

その後、自分が登録した暗号資産取引所を起動します。

購入したイーサリアムをコピーしたアドレスへ送金すれば、MetaMask内でイーサリアムを保有することができます。

コインチェックへの口座開設後、MetaMaskへの送金方法に関しては、下記サイトで詳細を説明させて頂いております。

【NFTの始め方 ④】NFTのマッケートプレイス、OpenSea(オープンシー)へ接続。

しょうじ
OpenSeaとMetaMask(お財布)を繋げるよ~!

OpenSeaとMetaMaskを接続させます。

OpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)の紐づけ

メイン画面の左下にある「作成」をクリックし、OpenSeaとMetaMaskを接続させます。

「作成」をクリックすると、下記画面が表示されます。【MetaMask】をクリックします。

MetaMaskが自動で起動します。

その後、MetaMaskのパスワードを入力すれば、OpenSeaとMetaMaskの紐づけは完了です。

【NFTの始め方】NFTの購入・販売方法と手順

しょうじ
早速NFTを購入・販売していくよ~!

それでは、NFTの購入・販売方法を説明させて頂きます。

NFTの購入方法

しょうじ
まずはNFTを購入する手順だよ~!

OpenSeaのTop画面、左下の【 探索 】をクリックします。

【 探索 】 をクリックすると、下のような画面に移動します。ここで購入可能なNFTの一覧が表示されます。

また一番上にある、【アイテム、コレクション、アカウントの検索】を用いて検索も可能です。

色々なNFTがありますが、今回は初めてということでお手軽な下記コアラのNFTを購入したいと思います。

購入したいNFTの画面をクリックすると【 Buy Now 】と表示されます。

*【 Buy Now 】 と設定されていないNFTは値段の設定がされていない可能性があります。

【Buy Now】をクリックします。すると、下記のようにNFTの値段が表示されます。

この場合、このNFTの価格は0.0325ETHとなります。

次にポップ中央下の【 チェックアウト 】をクリックするとMetaMaskが起動し、ガス代が表示されます。

今回ガス代は約0.029ETHと高めです。

ガス代とはイーサリアムチェーン利用時に発生する手数料となります。

ガス代含めた金額に問題がなければ、【 確認 】ボタンをクリックします。

【確認】ボタンをクリックし、数秒待つと”Your Purchase has processed!”と表示されます。これで購入完了です。

念のため自分のプロファイルを確認しますと、購入したNFTが表示されます。

NFT購入までの主な流れは以上となります。

NFTの販売方法

しょうじ
次はNFTを販売する手順だよ~!

次にNFTの販売方法を説明させて頂きます。

NFTを管理する場所: My Collection(マイコレクション)をつくる。

まずは、自分が作ったNFTを管理する場所、My Collectionを作ります。

OpenSea上にある、自分のお店というイメージでしょうか?

My Collectionに自分のNFTを陳列していきます。

それではOpenSeaのトップ画面にアクセス頂き、左下の【 作成 】をクリックします。

すると、下記画面へと移動します。その後右上にある、青色●(アイコン箇所)にカーソルを動かし【 My Collections】をクリックします。

下記のような画面がでてきます。そして【 Create a collection】を入力します。

Create your collectionの画面がでてきます。こちらで自分のMy Collection、”お店”のロゴイメージ、バナー画像、名前、URL名を入力します。

My Collectionの詳細な設定がわからない場合は、下記リンクをご参照ください。詳しい設定方法を説明しています。

Royalties(ロイヤリティ)の設定

しょうじ
Royaltiesをきちんと設定しないと損しちゃうよ~!

ここで注意点です。My Collectionを設定する際、大切なのがRoyaltiesの設定です。

もし自分が作ったNFTが再販された場合、自分の還元率(取り分)を設定するところになります。

NFTの凄いところは、再販された場合も、自分にRoyalitiesが支払われるということです。

最大10%まで設定ですることができます。

Royaltiesの設定と合わせてウォレットのアドレスを入力する必要があります。

ここにはMetaMaskのアドレスをコピーします。

NFTしたいデータをMint(ミント)する

次にデータをMint(ミント)します。ここでMintという言葉がでてきます。

NFTマーケットプレイスで作品をNFTを生成することを意味します。

メイン画面に戻ります。画面左下の【作成】をクリックします。

すると、下記のように【 Create New Item 】という画面がでてきます。

ここで、自分がMintしたい作品をUploadします。また作品の説明を記載します。

最後に【 Create 】をクリックすると、Mintが完了です。

NFTを販売する

出品したいNFTのアイテムを選択し、右上の【 売る 】をクリックします。

すると、下記のような価格を設定する画面がでてきます。

今回は価格を予め設定して販売したいと思いますので、【Set Price】にします。

そしてPriceに自分が設定したい価格を入力します。

* Highest Bid : オークション形式で販売する方法です。

* Bundle: 他のアイテムとセットで販売する方法です。

価格を入力したら、右側にある【 Post your listing 】をクリックします。

すると手数料(ガス代)が必要となるため、MetaMaskが起動します。

その際提示される、ガス代で問題なければ承認し終了です。”Your item is now listed for sale”と表示されました。

【NFTの始め方】NFTを始める際の注意点とは?

NFTを含め、暗号資産(仮想通貨)の世界では 「Scam」が横行しています。Scamとは「詐欺」という意味です。

そのため、NFTを検討中の方は最大限の注意を払う必要があります。

SCAMに合わないために心掛けるポイントは4つです。

  • 見知らぬ人からのメールやファイルを開けるのをさける
  • Webサイトが正式なサイトなのか、きちんと確認して開く
  • 他者にパスワードを絶対に教えない
  • 旨い話にはのらない

最近の例ですと、OpenSeaの偽物が現れたとのツイートがありました。

Google検索で「OpenSea」を検索したら、一番上の広告がScam「詐欺」だったという内容です。

NFTを始める際の注意点を下記でまとめましたので、良ければご確認ください。

最新の注意を払い、NFTを始めましょう!

【NFTの始め方】NFTを始めるために NFT専門用語集

NFTを購入・販売する際、わからない単語があると思います。

専門用語集を作成したので、わからない単語があればご覧ください。

NFTの始め方 まとめ

以上がNFTを購入・販売を始めるまでの流れでした。いかがだったでしょうか?

NTFの購入・販売方法には使用するマーケットやチェーンにより様々な方法があります。

そのため売買するNFTの特性により使い分けていきましょう。

上記の情報は、2021年10月に設定した際の情報になります。

最新の設定方法や、その他の情報などとは異なる可能性があります。ご了承ください。