【超簡単!】TwitterアイコンをNFTアバターにする方法

暗号資産
Crypt Panda
今回はTwitterのアイコンをNFTにする方法を説明させて頂きます!
CryptoPanda
簡単に設定することができるから、是非試してみてね!

MaskNetwork(マスクネットワーク)を使用して、TwitterのアイコンをNFTにする方法・手順を説明させて頂きます。

この設定をすると、TwitterのアイコンがNFTになります。下記の図は設定後のイメージです。

更にNFTアイコンをクリックすると、OpenSeaに自動的に接続されます。この設定はNFTを販売する際に役立つツールとなりそうです。

当設定方法は、【 PC 】からの設定方法となります。

MaskNetwork(マスクネットワーク)とは?

Mask Networkとは、SNS(Twitter、Facebook)上でユーザーが暗号化されたメッセージを送信できるようにする仮想通貨プロジェクトです。

これにより、他のSNSユーザーはもちろん、SNSの運営会社を含む第三者に知られることなく、メッセージを送ることができます。

今回はそのMaskNetworkを使用して、TwitterのアイコンをNFTにする方法・手順を説明させて頂きます。

Mask NetworkでTwitterのアイコンをNFTにする方法・手順

それでは、一つ一つ説明させて頂きます。

MaskNetworkをダウンロードする

MaskNetworkにアクセスします。【Get Mask】をクリックし、ダウンロードします。

今回を例としてChromeを使用するため、【Chrome Web Store】をクリックします。

【Chromeに追加】をクリックします。

下記画面の【はじめる】をクリックします。

MaskNetworkとTwitterと接続する

MaskNetworkとTwitterと接続させます。

名前の箇所にTwitterのアカウント名@~を入力します。入力後、【 次へ 】をクリックします。

【次に接続します:twitter.com】をクリックします。

【許可】をクリックします。

TwitterのアイコンをNFTアバターに設定

TwitterのアイコンをNFTアバターに設定していきます。

TwitterとMetaMask(メタマスク)を接続

TwitterとMetaMask(ウォレット)を接続させます。接続させると、下記の赤枠部分にイーサリアムとMetaMaskのマーク及びMetaMaskのウォレットアドレスが記載されます。

NFTアバターを設定

プロフィール欄左横の【NFT Avator】をクリックします。

アイコンに設定したいNFTを選びます。2021年10月末時点ではイーサリムのNFTのみ選択可能のようです。

アイコンを選び、署名の手続きをしていきます。

これで、TwitterのアイコンがNFTに設定完了です。アイコンをクリックすると、OpenSeaに自動的に接続されます。

まとめ

以上がMask NetworkでTwitterアイコンをNFTアバターにする方法です。思った以上に簡単に設定できると思います。

尚MaskNetworkへの接続は各自自己責任でお願いいたします。

また上記の情報は、2021年10月26日(火)の情報になります。今後設定方法・手順は変更される可能性があります。ご了承ください。

その他おすすめのサイト

Oncyberの接続方法・手順を下記サイトで説明しています。仮想空間でNFTを飾ることができます。良ければ参照ください。