【初心者向け】DAO(分散型自律組織)の始め方・やり方を徹底解説

暗号資産
しょうじ
最近話題のDAOに関して説明させて頂きます!

*記事の最後に、どなたでも参加できる日本国内のDAOを3つ紹介させて頂いております

最近ネット界隈で「 DAO(ダオ) 」ってよく聞きませんか?

DOAとは、「自律分散型組織(Decentralized Autonomous Organization)」の略であり、ブロックチェーン上で共通の目的をもって運営・管理される組織を意味します。

しかし、これだとわかりにくいですよね。。

今回はこのDAOに関して、わかりやすく説明させて頂きます!

DAOは「未来の株式会社」と言われるほど、私たちの生活を変える可能性のある組織形態なんです。

DAO(分散型自律組織)とは?

DAOとは「自律分散型組織」を意味します。

ちなみにDAOの略は「Decentralized Autonomous Organization」です。

世界には様々なDAOがあります。

DAP LandScape参照

DAOを簡単に言うと、明確な経営者が存在せず、コミュニティのメンバーで意思決定を行いながら、活動する組織形態です。

経営がスマートコントラクトにより自律的(自動的)に行われます。

ただ、これだけだと、よくわかりにくいですよね。。

今回は実例を交えて、DAOに関して説明させて頂きます。

DAO(分散型自律組織)の特徴

それでは、DAOの特徴を説明させて頂きます。主な特徴は下記の3つです。

  • 社長が存在しない組織
  • 誰でも参加可能な組織
  • ジョブ型雇用の組織

それでは、それぞれ説明させて頂きます。

DAOは社長が存在しない組織

しょうじ
DAOは個人個人が主役になれる組織だよ!

DAOには社長が存在しません。

もちろん、プロジェクトをマネジメントする管理者はいますが、基本は個人個人が主役です。

社長がいないと、DAO内の最終意思決定はどうするのか?疑問に思われる方が多いと思います。

DAO内の最終意思決定は、“ガバナンストークン”を用いて行われています。

ガバナンストークン。。ガバナンストークンって何?って方も多いと思います。

まずトークンとは、一言で説明すると「企業・個人よりブロックチェーン上で発行された独自コイン」です。

そして、ガバナンストークンとは、「ガバナンス(統治・管理)」に使うトークンとなります。

わかりやすく言うと、”新しいプロジェクトを決定する際の投票機能”が付与されているトークンですね。

トークンによる投票により、自分たちの方向性は、自分たちで決めていきます。

Ninja DAOでの投票

具体的な例で説明させて頂きます。

日本でも有数のDAOである「 Ninja DAO 」。

国内トップのNFTコレクション「CryptoNinja 」の公式コミュニティです。

そんなNinja DAO内で、CryptoNinjaの人気キャラクターの投票が行われました。

その際の投票は、Ninja DAO内で配布された、ガバナンストークンCNGTを用いて行われています。

コミュニティ内の決定事項は、コミュニティ内の参加者で決めることができます。

NinjaDAO内のガバナンストークン配布から投票までの過程は👇の記事をご参照ください。

DAOは誰でも参加可能

しょうじ
DAOは誰でも参加できるよ!

DAOは誰でも参加できる組織です。

インターネットにアクセスできる人であれば、誰でもDAOに参加することが可能です。

参加する際に国籍・性別・人種は問われません。

DAO内には様々なプロジェクトをコミュニティ内のメンバーで企画し、実行されます。

まるでサークル活動のように、ワイガヤでプロジェクトを進めていきます。

DAO通して、新しい繋がりができます。

また、コミュニティメンバーは、DAO内の資産(コンテンツ)を自由に使用することができます。

例えば、Ninja DAO内では、新しいNFTコレクションCryptoNinja Partners(CNP)が開発され、販売されました。

CNPはNinja DAO内における、共有資産Crepto Ninjaのファンアートです。

販売後すぐに、NFTは完売。

売り上げの一部はDAOの運営資金に使用される予定です。

→CNPに興味がある方は、こちらのCNP特集記事をチェック

CNP

また他にはメタバース空間でのライブなどが、DAOメンバーにより企画・実行されています。

DAOはジョブ型雇用の組織

しょうじ
DAOは自分の専門性が活かせる組織だよ!

DAO内では、様々なプロジェクトが運営されています。

そのプロジェクトでは、各人が自分のスキルを活かして活動しています。

例えば、一本のアニメーション動画を作るプロジェクトがあったとします。

そのプロジェクトには、アニメ編集が得意な人・動画撮影が得意な人・編集が得意な人等、様々なプロフェッショナルが集まり、分業制で仕事をします。

まさに「 ジョブ型 」の仕事です。

「ジョブ型」 の対義語として使用される言葉は「メンバーシップ型」雇用です。

「メンバーシップ型」雇用は新卒一括採用で総合的なスキルを求められる方式です。

自分のスキルが生かせる一方、各個人のスキルが試される。シビアな世界です。

基本DAOで活動している方は、一つのDAOにとどまらず、様々なDAOで活動しています。

そして、スキルがある方は、どのDAOでも重宝されます。

DAOの問題点

DAOはいい点ばかりと思われますが、マイナスな点もあります。

  • 十分に分散的になっていない
  • 参加の難易度が高い
  • 税制の問題

それぞれ説明させて頂きます。

十分に分散的にはなっていない

現在存在するDAOの多くは、まだ十分に分散的でも、自律的でもありません。

DAOは管理者、つまり社長がいない組織とありました。

しかし、DAOは発展途上です。

現時点では影響力もしくはカリスマ性のある管理者がDAO全体を統括し、支えている状況です。

またDAOの運営には、管理者の多大な労力が必要となります。

運営においては、管理者が参加者を尊重し、随時フォローすることが大切です。

参加難易度が一部高い

DAOには一部、参加難易度が高い領域があります。

例えば、DAOでガバナンストークンを得たり、またDAO内の投票に参加するには、トークンを保管するMetaMaskの使用が必要となります。

MetaMaskとは、トークンを保管するウォレットです。つまりお財布です。

MetaMaskがないと、ガバナンストークンを受け取ることができません。

MetaMaskやトークンの取り扱いなど、高度なクリプトリテラシーが必要となります。

しょうじ
ただし、投票をしない場合、MetaMaskなしに参加できるDAOもたくさんあるよ!

⇒MetaMaskの設定に興味があるかたは、👇のサイトをご参照ください。

Googleのアドレスがあれば、簡単に設定できます。

税制の問題

現在日本にあるDAOはほとんどが、クリエーターやDAO参加者のボランティアで成り立っています。

日本にあるDAOは、最近立ち上げたものばかりです。

そのため、収益の管理・配布の制度が確立されていません。

さらに今後DAOで共有のウォレットを用意するとなった場合、税金対応はどうするのかが不明です。

今後法整備が整うにつれ、DAOの活動もしやすくなると考えられます。

DAOへの参加方法

日本には様々なDOAが存在します。

今回は比較的参加者が多いDAOを、3つ紹介させて頂きます。

Ninja DAO

日本最大のNFTコミュニティーサイトである「Ninja DAO」。

インフルエンサーのイケハヤ氏が運営しているDiscord上のコミュニティです。

CryptoNinjaが始めて発売された、2021年9月にオープンしました。

現在参加者は、31,000人に到達しています(2022年6月時点)。

このコミュニティでは、CryptoNinjaというキャラクターを用いて、様々なプロジェクトが運営されています。

プロジェクトの範囲は多岐にわたります。例えば、Crypto Ninjaを用いたYouTubeコンテンツの開発、メタバースのゲーム開発、小説、漫画など種類は様々です。

最近のプロジェクトだと、Crypto Ninjaのスピンオフ企画、「Crypto Ninja Partners」が盛り上がっています。

参加は無料なので、DAOが初めての方にはおすすめです。

「Ninja DAO」をチェックしてみる

Nishikigoi NFT

「Nishikigoi NFT」は山古志(やまこし)住民会議が運営しているコミュニティです。

山古志地域を存続させるため、地位や立場、年齢や性別に関係なく、「想い」に共感した山古志地域内外のメンバーが集結しています。

そして、日々町おこしの議論をしています。

長岡市が公式パートナーとなっており、自治体公認のNFTプロジェクトになります。

Nishikigoi NFTのコミュニティには無料で参加できます。

「Nishikigoi NFT」をチェックしてみる

⇒Nishikigoi NFTの購入に興味がある方は、こちらの記事をチェック

Media DAO

Media DAOより参照

NFT NEWS JAPANの編集長、かねりんさん(@kanerinx)が運営されている「Media DAO」です。

2022年1月に開始されたばかりの、比較的新しいDAOとなります。

NFT NEWS JAPANの記事をDAOのメンバーで運営しようと試みています。

またNFTのリアル展示会や、メタバース上のイベントを企画・実行しています。

NFTやメタバースに興味がある方は必見です。

⇒「Media DAO」をチェックしてみる

DAOへの参加における注意点

しょうじ
Discordでは、ハッキングメールが送られてくる可能性があるから注意が必要だよ!

日本における、多くのDAOは「Discord」上で運営されています。

Discordはアメリカで生まれたのチャットサービスです。

音声通話機能があるため「ボイスチャットサービス」と紹介されることも多いですが、文字を使ったチャットも可能です。

1対1での交流はもちろん、大人数のコミュニティ運営にも適した「コミュニケーションツール」として利用されています。

しかし、Discordを始める際に注意点があります。

注意点は下記サイトで紹介しておりますので、よければご参照ください。

DAOの始め方・やり方 まとめ

以上が、DOAに関する説明です。如何だったでしょうか?

文章だけだと、なかなかDAOのイメージがしづらいと思います。

一度思い切ってDAOに参加し、DAO内の雰囲気を体験されることをおすすめします。

上記の情報は、2022年1月時点の情報になります。最新の設定方法や、その他の情報などは異なる可能性があります。ご了承ください。