OpenSea: Profile(プロフィール)の設定方法と手順

profile(プロフィール) 暗号資産
CryptoPanda
今回はOpenSeaのProfile(プロフィール)画面の設定方法と手順をお伝えします~!
CryptoPanda
NFTコレクターはプロフィールをチェックします。意外とプロフィールの設定って大事なんですよー!

OpenSeaのプロフィールをきちんと設定していなくても、NFTの売買はできます。

しかし、NFTを購入する際、クリエーターの実績や人となりを確認します。

そのため、コレクターの方がプロフィールをチェックすることが多いんです。

今回はプロフィールの設定方法に関してお伝えします。

尚当設定は既に、MetaMask(メタマスク)とOpenSeaを紐づけている前提での方法となります。

MetaMaskの設定をされていない方は、下記サイトをご参照頂きますよう、宜しくお願いいたします。

Profile(プロフィール)とは?

OpenSea Top画面右のアイコンマークをクリックすると、【Profile】があります。

Profile設定をすると下図のように、SNSのリンクや自己紹介文を記載することができます。

Profile(プロフィール)の設定方法・手順

それでは一つ一つ説明させて頂きます。

OpenSeaTop画面右のアイコンマークをクリックします。その後【Settings】をクリックします。

すると下のようにProfile Settings画面がでてきます。

「 Username 」と「Bio」の設定

UserNameとBioを設定します。Bioとは「人物紹介」を意味する「Biography」の略語です。

海外のコレクターの方が見る可能性もあるので、英語で設定します。

E-mail Addressの設定

E-mail アドレスを入力します。アドレスの入力は必須です。

尚、E-mailアドレスを登録した場合、認証手続きが必要となります。

Linkの設定

プロフィール欄からリンク表示したいSNSのアカウント名を入力します。

コレクターの方が、NFTを購入する際、クリエーターの過去の実績や人となりを確認します。

その際SNSが重要なツールとなっています。

過去の製作実績等をもしSNSに投稿している場合、Linkに張り付けられることをおすすめします。

Profile ImageとBannerを設定

Prilile ImageとProfile Bannerの画像をアップロードします。

以上が大まかな設定です。必要事項を入力したら【Save】をクリックしましょう。

OpenSea Profile(プロフィール)設定 まとめ

如何だったでしょうか?プロフィール欄は、NFTコレクターが購入決定する際の重要なツールとなっています。

できる限り細かく入力しておきましょう。

上記の情報は、2021年11月に設定した際の情報になります。最新の設定方法や、その他の情報などは異なる可能性があります。ご了承ください。