MetaMask(メタマスク)をBSC(バイナンススマートチェーン)に接続する方法と手順

bsc 暗号資産
しょうじ
今回はMetaMask(メタマスク)をBSC(Binance Smart Chain)に接続する方法を説明させて頂きます~!

MetaMask(メタマスク)をBSC(Binance Smart Chain バイナンススマートチェーン)に接続する方法について徹底解説します。

BSCとは海外暗号資産(仮想通貨)取引所 Binanceの独自通貨、BNBのネイティブチェーンです。

今後Defiの運用を検討されている方に必要なチェーンです。

それでは、MetaMaskをBSCに接続する方法を説明させて頂きます。

 ⇒尚MetaMaskをインストールされていない方は下記サイトをご参照ください。

MetaMask(メタマスク)を開く

まずは、MetaMaskを開きます。

MetaMaskの初期設定では、イーサリアムに接続されています。

MetaMaskの上部、【イーサリアムメインネット】を【Binance Smart Chain】に変更していきます。

BSC ネットワークの追加設定

「イーサリアムネット」をクリックします。

ネットワークの選択画面が開きます。

画面下部にある、【ネットワークの追加】をクリックします。

BSCネットワークの情報を入力

BSCネットワークの情報を入力していきます。

画像とまったく同じ文字列・数字を入力してください。

下記をコピペして頂ければスムーズに入力できます。

*Binance公式サイト参照

  • ネットワーク名:Binance Smart Chain
  • 新規RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org
  • チェーンID:56
  • 通貨記号:BNB
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com

すべて入力できたら画面右下の【保存】をクリックします。

BSC ネットワークの確認

しょうじ
きちんとBinance Smart Chainになっているか、確認しよう!

保存ボタンを押すと、下記のような画面が現れます。

右上のネットワークが【 Binance Smart Chain 】となっていれば完了です。

イーサリアムと接続したい場合は【イーサリアムメインネット 】 を選択し直しましょう。

注意点: 接続チェーンを間違えて送金すると、資産を失ってしまうので要注意です

まとめ

以上が、 MetaMask(メタマスク)をBSC(Binance Smart Chain バイナンススマートチェーン)に接続する方法です。

5分もあれば、設定できると思います。

尚当設定方法は、2022年1月時点の内容です。

今後、 BSC ネットワークのアドレスが変更される可能性がある点、ご理解頂ければ幸いです。