【超初心者向け】OpenSeaの始め方を徹底解説します!

暗号資産

しょうじ
最近「OpenSea」っていう単語をよく聞くようになったよね。
しょうじ
OpenSeaとは世界最大のNFTを売買できるマーケットなんです!
しょうじ
今回はOpenSeaの始め方を徹底解説するよ~!

最近NFTという言葉をよく聞くようになりました。

NFTとは、NFT(Non-Fungible Token)の略で非代替性トークンと訳されます。

代替が不可能な唯一無二のデータ資産です。

つまり今まで資産として取り扱われなかった写真や画像などのデジタルデータが、唯一無二のデータとなり資産として取り扱われることができます。

そのデジタル資産を個人で売買できるのが「OpenSea」で、世界最大のNFTマーケットプレイスです。

今回は、OpenSeaに関して、徹底解説させて頂きます。

OpenSeaとは?

「OpenSea」はアメリカに本社を構え、2017年12月に設立されたOpenSea社により運営されています。

OpenSeaの主な特徴は以下3つです。

  • OpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイス
  • NFTを無料でMint(生成)できる
  • ロイヤリティを自由に設定できる

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイス

OpenSea(オープンシー)は「NFTの世界最大のマーケットプレイス」です。

NFTはブロックチェーン上のデータで、暗号資産で売買されています。

OpenSeaでは有名人の作品も購入することができます。

直近だと日本人アーティストの、せきぐちあいみさんのVRアートが1,300万円で落札されたという事例がありました。

また日本発のNFTコレクションを購入することもできます。

NFTを無料でMint(生成)できる

OpenSeaの特徴として、「NFTを個人でも無料で簡単にMint(生成)することができます」。

自分が販売したい画像やデータをOpenSea上にアップロードするだけです。

下はOpenSeaにてデータをアップロードする際の画面となります。

画像データを読み込み、名前をつけるだけでNFTが生成できます。

ロイヤリティを自由に設定できる

NFTを売却する際のメリットの一つとして、ロイヤリティがあります。

ロイヤリティとは作品が二次販売された際、NFT作成者にも報酬が支払われることです。

つまり、中古で販売された場合も、製作者に収益が生じます。

OpenSeaでは、その「ロイヤリティの金額(%)を自由に設定することができる」んです。

*最大10%まで。

ロイヤリティを設定することによって、作品が転売されたときも一定の割合を報酬として受け取れるようになります。これは嬉しいですよね。

OpenSeaの口コミ・評判

TwitterでのOpenSeaに関するコメントを紹介します。

コメントの多くは、OpenSeaでのNFT売買は簡単だという内容が多いです。


OpenSeaの始め方・手順

しょうじ
OpenSeaを始める事前準備は4つだけだよ~!

OpenSeaを始めるのに必要な、主な手順はたった4つです。

  1. 暗号資産取引所でイーサリアムを購入する
  2. MetaMask(メタマスク)の登録をする
  3. MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを入金する
  4. OpenSeaへ接続する

OpenSeaの始め方①: 暗号資産取引所でイーサリアムを購入する

しょうじ
NFTを売買するには、暗号資産が必要だよ!
しょうじ
暗号通貨の取引が初めての方は、コインチェックがおすすめ!
使い方が簡単だよ!

NFTの購入・販売する事前準備として暗号資産の イーサリアムを購入する必要があります。イーサリアムとは、ビットコインに続き、時価総額上位の暗号資産です。

補足説明:今回はイーサリアムを使用する前提で説明させて頂きます。

【コインチェック】暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設方法|たった3STEP

ここからコインチェックの口座開設までの流れを手順ごとに紹介させて頂きます。

STEP1:アカウント登録

コインチェックのTOP画面に移動します。

Topページ上の【会員登録】をクリックします。

①メールアドレスと半角英数字混合のパスワードを設定してください。

②「私はロボットではありません 」をクリックします。

③ 【会員登録】をクリックします。

下記画面が表示されます。

すると登録したアドレスに、メールが届くので、URLをクリックすればアカウント登録完了です。

STEP2:必要書類の確認

口座開設に向けて、必要書類の確認をしていきます。

まず【各種重要事項を確認する】をクリックします。

各重要書類を確認する必要があります。

承諾・確約できれば、【各種重要事項に同意、承諾してサービルを利用する】をクリックします。

次に【本人確認書類を提出する】をクリックします。

電話番号を入力して【 SMSを送信する 】をクリックします。

電話番号認証の手続きを行います。

STEP3:本人確認書類を提出

「氏名」「生年月日」「住所」「性別」などの基本情報の入力に進みます。

本人確認書類の提出には【アプリが使えない、現住所記載の書類をお持ちでない方はこちら 】 から進むとスムーズです。

また手元に準備した本人確認書を登録していきます。

登録可能な本人確認書類は、👇記となります。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

今後口座へ日本円を入金すればビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を購入できます。

OpenSeaの始め方②: MetaMask(メタマスク)の登録をする

しょうじ
MetaMask(メタマスク)はNFTを購入する際に必要なお財布だよ!

次にMetaMask(メタマスク)の登録をする必要があります。

MetaMaskとは暗号資産(仮想通貨)イーサリアムを保管するウォレット、つまり”お財布”です。

NFTを購入するOpenSeaにこの”財布”を持っていく必要があります。

MetaMaskの登録については、下記サイトでまとめておりますので、ご参照ください。

OpenSeaの始め方③: MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを入金する

しょうじ
お財布(MetaMask)に暗号資産を入金するよ~!

イーサリアムをOpenSeaで使用するためには、イーサリアムを”暗号資産取引所”から””MetaMask”に送金する必要があります。

MetaMaskのメイン画面のアカウント名にカーソルを合わせると、「クリップボードにコピー」と表示されるので、クリックします。

その後、自分が登録した暗号資産取引所を起動します。

購入したイーサリアムをコピーしたアドレスへ送金すれば、MetaMask内でイーサリアムを保有することができます。

コインチェックへの口座開設後、MetaMaskへの送金方法に関しては、下記サイトで詳細を説明させて頂いております。

OpenSeaの始め方④: OpenSeaへ接続

しょうじ
OpenSeaとMetaMask(お財布)を繋げるよ~!

OpenSeaとMetaMaskを接続させます。

OpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)の紐づけ

メイン画面の左下にある「作成」をクリックし、OpenSeaとMetaMaskを接続させます。

「作成」をクリックすると、下記画面が表示されます。【MetaMask】をクリックします。

MetaMaskが自動で起動します。

その後、MetaMaskのパスワードを入力すれば、OpenSeaとMetaMaskの紐づけは完了です。

これで、OpenSeaを始めることができます。

OpenSeaの始め方 まとめ

以上がOpenSea 始め方のまとめでした。

今後、ますます注目されるであろうNFT。

是非、そんなNFTを売買することができるOpenSeaをチェックしてみて下さい。

尚OpenSeaを取り扱う際に注意が必要なのが、Scam(詐欺)です。

OpenSeaやNFTを取り扱う際の注意点を下記サイトでまとめましたので、良ければご確認ください。

上記の情報は、2021年9月に設定した際の情報になります。最新の設定方法や、その他の情報などとは異なる可能性があります。