【初心者向け】PLTウォレットの始め方を徹底解説

PLT wallet 暗号資産
しょうじ
PLTウォレットの始め方を説明させて頂きます!

今回は「PLT」ウォレットの始め方を徹底解説させて頂きます。

PLTウォレットとは?

「 PLTウォレット 」 とは暗号資産を保管することができる、いわば”お財布“です。

暗号資産である「 イーサリアム(ETH) 」や 「PLT(パレットトークン)」 を保管することができます。

また新しいNFTマーケットプレイス「PLT Place」で、NFTを売買する際必要となります。

PLTウォレットの注意点

しょうじ
PLT(ePLT)と PLT(pPLT)は、全く異なるということを知っておこう!

「PLT Place」や「PLTウォレット」の機能を全て利用するためにはアドレスを2つ作成する必要があります。

「イーサリアムアドレスの機能」

取引所(コインチェック)とのEthやPLT(ePLT)の送金、イーサリアム上に存在するNFTの送受信等

「パレットアドレスの機能 」

LT(pPLT)の送金やステーキング、パレットチェーン上に存在するNFTの送受信、PLT Placeとの接続機能等

それぞれのアドレスの役割をきちんと理解した上で、使用することが大切です。

PLTウォレットの設定方法

PLTウォレットのアプリをダウンロードします。 iOS版とAndroid版があります。

PLTウォレット ダウンロード (iOS)

今回は例として、iOS版でダウンロードします。

【入手】をクリックします。

画面下の利用規約を読んで、左下の小さいチェックマークをクリックします。

【ウォレットを作成する】をクリックします。

イーサリアムアドレスのウォレット作成

まずは【 イーサリアムアドレス 】のウォレットを作成します。

ウォレット名(任意)及びパスワードを記入します。

記入後、【作成する】をクリックします。

【確認画面へ進む】をクリックします。

【決定】をクリックします。

この先に表示される”ニーモニックフレーズ”が非常に重要です。

ニーモニックフレーズをスクリーンショットを共有上で保存しないようにと注意喚起されています。

12個の ニーモニックフレーズ が表示されます。

この12個の単語と順番は必ずメモしておきましょう。

注意
12個の単語を記載したメモは絶対に無くさないで下さい!
スマホが壊れたり、無くしたりした際、ウォレットを復元するために必要となります。
もし12個の単語がわからなければ、ウォレット内の暗号資産は2度と戻ってきません。
また、12個の単語を他人に聞かれたら、それは詐欺です。
絶対に他人に教えてはいけません!

メモした単語と順番が間違いないかを確認します。

選択肢から順番に単語を選んでいきます。

間違いなければ【決定】をクリックします。

これでETHウォレットの作成ができました。

画面上部に「ETH」アドレスが表示されます。

パレットアドレスのウォレット作成

次に【 パレットアドレス 】のウォレットを作成します。

イーサリアムアドレスを立ち上げたら、右上の「三本線」をクリックしてください。

画面下の「インポート」をクリックします。

「Palette」をクリックします。

①イーサリアムアドレスと同じ「ニーモニック」を入力します。

②任意でウォレット名を追記します。

③パスワードを設定します。

パレットアドレスが作成できました。

PLTウォレットの始め方 まとめ

以上がPLT ウォレットの始め方でした。

「イーサリアムアドレスの機能」「パレットアドレスの機能 」をしっかりと理解したうえで、使用されることが大切です。

(補足) PLT ウォレットでトラブルがあった場合

しょうじ
トラブルがあった場合、Pallet公式サイトの”よくある質問”がおすすめです。

PLT ウォレットでトラブルがあった場合 、Pallet公式サイト 【 PLTウォレット-Q&A (よくある質問)】をご確認ください。

コインチェックからPLTウォレットに送金したのに、着金確認できない場合の対策方法が記載されています。

特に、コインチェックから【イーサリアムアドレス】 ではなく、【パレットアドレス】に間違ってPLTを送付してしまった場合、PLTの着金が確認できません。

下の動画でも詳しく対策が説明されています。

尚暗号資産は暴落する可能性があります。各自自己責任でご検討頂きますよう、宜しくお願いいたします。