ビットバンク(bitbank)の始め方を徹底解説

暗号資産

今回は 「ビットバンク」の始め方を解説させて頂きます。

暗号資産の売買をしていると、ビットバンクという名前を聞くことが多くなってきましたよね。

ただビットバンクってどんな暗号資産取引所なんだろう。。と不安に思われている方いらっしゃいませんか?

そんなビットバンクの始め方に関して、わかりやすく説明させて頂きます。

ビットバンク(bitbank)とは?

「ビットバンク」は、ビットバンク株式会社が運営する暗号資産取引所です。

金融庁の許可を受けている取引所で(関東財務局長 第00004号)、代表取締役の廣末氏は、日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の理事をされています。

2021年9月には東証1部上場企業である株式会社ミクシィとの資本業務提携するなど、今後の展開が楽しみな日本の暗号資産取引所の一つです。

→参照: ビットバンク株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

ビットバンク(bitbank)の口座を開設して感じたこと

筆者自身、ビットバンクの口座開設して、主に感じたことは3つです。

*今後、ビットバンクにて取引を行い、感じたことを更新してさせて頂く予定です。

  • 最短で暗号資産の取引が可能
  • 暗号資産の取扱数
  • bitbank NEWS LETTER

ビットバンク①: 最短で暗号資産の取引が可能

ビットバンクの口座開設はとても早いです。

口座開設申込後、最短1日で取引が可能になります。

口座開設は全てスマホ1台で完了することができます。

口座開設方法も、他の大手取引所と際と差異はなく、スムーズに申請することができました。

ビットバンク②: 暗号資産の取扱数

ビットバンクでは、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産はもちろん取り扱っております。

それ以外にも、アルトコインも含め、18銘柄(2022年9月時点)を取り扱っており、普段なかなか見かけないアルトコインも取り扱いされていることが印象的でした。

最近ですと、アスター(ASTR)を2022年9月26日に取り扱い開始予定です。

アスターとは、異なるブロックチェーン同士をつなぐポルカドットのパラチェーンとして、世界で3番目に接続枠を獲得した日本初のパブリックブロックチェーンプロジェクトです。

アスターに関する詳細はbitbank公式ページをチェック

ビットバンク③: bitbank NEWSLETTER

ビットバンクの口座を開設すると、無料でNEWS LETTERが登録したメールアドレスに届きます。

マーケット情報など、気軽に最新情報を知れるのが嬉しいですよね。

忙しい場合、見出しだけ確認するだけでもいいですし、メール内のリンクをたどると、より詳細情報を知ることもできます。

ビットバンク(bitbank) 口座開設方法

ビットバンクの口座開設は主に“3ステップ”になります。

今回は、【①口座開設申込】及び【②本人確認】の流れを紹介させて頂きます。

①口座開設申込: アカウント登録

bitbank(ビットバンク)のTopページを開きます。

画面中央にメールアドレスを入力し、【口座開設】をクリックします。

以下画面が表示されますので、メールを確認します。

設定したメールアドレスに、ビットバンクから登録の確認メールが届きます。

赤枠の、指定リンクをクリックします。

パスワードの設定をします。

また合わせて、「利用規約」と「契約締結前交付書面」を確認します。

上記設定後、【登録】をクリックします。

次に個人情報の入力に進みます。

①口座開設申込: 個人情報の登録と本人確認

個人情報を入力します。

取引の目的など、基本情報を入力します。

電話番号を入力します。

また、外国の重要な公人であるか否か、反社会勢力ではないことの確認をします。

②本人確認: 本人確認の手続き

最後に本人確認の手続きを進めます。

【本人確認書類のアップロードに進む】をクリックします。

【 スマホで確認 】 or 【郵送で本人確認】を選択します。

スマホで確認する場合、QRコードを読み取り、本人確認手続きをします。

スマホの場合、書面でのやり取りは一切必要ありません。

*スマホで本人確認の場合、運転免許証 or マイナンバーカードが必要となります。

本人確認終了後、メールアドレスに本人確認受付完了のメールが届きます。

これで、本人確認は終了です。

ビットバンク(bitbank)の始め方 まとめ

以上がビットバンクの始め方でした。

思ってた以上に、簡単に設定できたのではないでしょうか?

今後、ビットバンクにて取引を行い、感じたことを更新してさせて頂く予定です。

尚当設定方法は、2022年9月時点の方法となります。あくまで、自己責任で設定していただきますよう、宜しくお願いいたします。