Yuga Labs(ユガラボ)とは? Yuga Labsに関して徹底解説

YugaLabs 暗号資産
しょうじ
今回はYuga Labs(ユガラボ)に関して説明させて頂きます!

Yuga Labsってご存じでしょうか?

Yuga Labsとは、猿をモチーフにしたNFTコレクションのBored Ape Yacht Clubなどを展開するNFTスタジオです。

NFTをかじったことがある方なら、一度は見たことがあるコレクションだと思います。

Yuga Labsは、2022年2月にLarva Labsから人気NFTコレクションの「CryptoPunks」と「Meebits」の知的財産権などを取得しました。

NFTマーケットプレイス OpenSeaでの、総取引量ランキングTop4位は全て、Yuga LabsのIPとなります。

2022年3月22日には、ベンチャーキャピタルで有名なアンドリーセン・ホロウィッツから4億5,000万ドルを調達するなど、人気急上昇のNFTスタジオです。

今回は、そんな人気急上昇中の「Yuga Labs」に関して解説させて頂きます。

Yuga Labsとは?

しょうじ
Yuga Labs(ユガラボ)には有名なNFTコレクションがたくさん!

「Yuga Labs」とは猿をモチーフにしたNFTコレクション、Bored Ape Yacht Club(BAYC:ベイシー)などを展開するNFTスタジオです。

Yuga Labsが展開するBored Ape Yacht Clubは、プロフィール画像向けにデザインされた1万点のサルの画像のNFTコレクションで、現在世界で1、2位を争う有名なNFTコレクションとなります。

2021年4月には1点0.08ETH 、当時約200ドルで販売されました。

しかし現時点で、Openseaでは、入手できる最も安いBored Apeでも106ETHで価格は約30万ドルと価格が高騰しています(2022年5月時点)。

BACYはセレブから愛されるNFTコレクションとなっています。

歌手として有名なマドンナさんも、BAYCをSNSのアイコンにしています(2022年5月7日時点)。

また最近では、BAYCをコンセプトとしたハンバーガーショップもアメリカにできました。

確実に、BAYCのブランドは浸透しつつあります。

参照:INSIDER

ちなみにMutant Ape Yacht Club(MAYC:メイシー)とBAYCと名前が似たコレクションがあります。

これは、BACYの姉妹コレクションで、BAYCオーナーへ無料提供されたコレクションです。

ただこちらも、高価格も売買されています。

またホルダー同士の交流も盛んです。

BAYC・MAYCホルダーの船上パーティーが東京で行われました。

暗号資産 ApeCoin

人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連した暗号資産、ApeCoin(APE)が2022年3月17日リリースされました。

ApeCoinはApe財団が後援するApeCoin DAOのガバナンストークンとなります。

*Yuga Labsは直接運営はしていません

トークンの保有者は、DAOにおける「Ecosystem Fund」の運営を左右する投票権を手に入れます。

リリース当初、BAYCやMAYC ホルダーに対して、1万ApeCoin(約10万ドル)をエアドロップ(無償配布)されました。

現在ApecoinはBinance等の海外暗号資産取引所で購入することができます。

ApeCoinの時価総額は、2022年5月時点で32位、約37億ドルとなります。

ApeCoin(APE)の購入に興味を持たれた方は、こちらの記事をご参照ください。

「CryptoPunks」と「Meebits」の知的財産権などを取得

またYuga Labsは、2022年2月にLarva Labsから人気NFTコレクションの「CryptoPunks」と「Meebits」の知的財産権などを取得しました。

CryptoPunks(クリプトパンクス)

CryptoPunks(クリプトパンクス)」は、PFPブーム(SNS用のアイコン)に乗って大きく価値を高めたNFTコレクションです。

NFTコレクションで確固たる地位を誇っています。

24✕24 ピクセルのデジタルキャラクター画像が10,000個存在しており、それぞれユニークなデザインで同じものはありません。

CryptoPunksは BAYC と同様、大変高価なNFTコレクションとして知られています。

Meebits

Meebits(ミービッツ)」は、Larva Labs社が2021年5月にリリースしたNFTプロジェクトです。

Meebitsには計2万体のキャラクターが存在し、OpenSeaにて販売されています。

Meebitsの特徴として、3Dアバターとしてメタバース上で利用できることがあります。

またNFTゲームやほかのアニメーションソフトにインポートすることも可能です。

2021年5月、「Meebits」は発売1周年を迎えました。

Yuga Labsの今後の活動

しょうじ
Yuga Labs(ユガラボ)はメタバースに力を入れているよ!

Yuga Labsは急速にWeb3.0、ゲーミング、そしてメタバースにおける世界的な大手ブランドになっています。

直近では、メタバースへ本格的に参入することが決まりました。

下はYuga Labsのメタバースプロジェクト、「Otherside」 のPVとなります。

日本の大手暗号資産取引所、CoincheckもOthersideに注目しており、「Oasis Marts」を開発することを発表しました。

Otherdeedには5万5000もの区画があります。

2022年4月30日、BAYCの暗号通貨「ApeCoin」で一律305ApeCoin(当時約6,000ドル)で売買され、 約24時間で約3億2,000万ドル相当の暗号通貨を調達しました。

販売時、購入希望者が殺到したため、ガス代(NFTの取引に必要な手数料)が高騰し、一時イーサリアムブロックチェーンに影響を及ぼした程の反響でした。

Yuga Labsの今後に関しては、インフルエンサーの方も注目しています。

Yuga Labsのまとめ

以上が「 Yuga Labs 」に関するまとめでした。

Bored Ape Yacht Club が誕生して約1年という短期間にも関わらず、巨大のビジネスモデルを作り上げだYuga Labs。

今後次世代のディズニーになる、ブランドになるかもしれません。

引き続きYuga Labsに注目していきたいと思います。