【LEAD EDGEの始め方】新しい日本のNFTマーケットプレイス

leadedgeの始め方 暗号資産
CryptoPanda
新しい日本のNFTマーケットプレイスを紹介します!

最近話題のNFT。

NFTを売買できるマーケットプレイスと言えば、まずはOpenSeaが思い浮かぶと思います。

そんな中、株式会社リードエッジコンサルティングさんが、国内NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」をリリースされました。

OpenSeaは難しい。。日本のマーケットプレイスで取引したい。。

巷ではそんな声が多々あり、待ちに待った日本国内のマーケットプレイスです。

今回はLEADEDGE の始め方を徹底解説させて頂きます。始めるまでの大まかな手順は3つです。

  • MetaMask(メタマスク)の設定
  • Polygonメインネット(matic mainnet)の追加 
  • LEADEDGEへログイン

MetaMask(メタマスク)の設定

LEADEDGEでNFTを作成、購入するには暗号資産を管理する”ウォレット”の準備が必要です。

ウォレットを簡単に言えば、”仮想通貨のお財布”です。

このお財布に暗号資産を保管し、NFTを購入・販売します。

またこのウォレットは、LEADEDGEへ接続するための、アカウント/Passwordの役割も果たします。

今回は、ウォレットの MetaMask(メタマスク) を設定する方法をお伝えします。

MetaMask(メタマスク)の設定方法は下記サイトをご参照頂きますよう、宜しくお願いいたします。

(補足)暗号資産(仮想通貨)口座をお持ちでない方

LEADEDGEでNFTを売買するためには、暗号資産が必要です。

暗号資産 を入手するためには、 暗号資産取引所での口座開設が必要です。

口座開設方法は下記サイトで説明しています。良ければご参照ください。

Polygonメインネット(matic mainnet)の追加

次は LEADEDGEでNFTの売買するために必要な仮想通貨、Polygon(MATIC)を使うための設定をします。

先ほどMetaMaskを設定しましたが、MetaMaskの初期設定はEthereum用となっています。

そのため、 Polygonメインネット(matic mainnet )にする変更する必要があります。

設定方法は こちらをご参照ください。

(補足) MATICを入手する方法

LEADEDGEでNFTを売買する際に必要なMATIC。

MATICの入手方法は、LEADEDGEさんの説明サイトがわかりやすいです。

LEADEDGEの始め方

それでは、LEADEDGEにMetaMaskを接続します。

MetaMask(メタマスク)にログイン

LEADEDGEのサイン画面を開きます。画面中央にある【Sign in】をクリックします。

MetaMaskが立ち上がります。パスワードを入力し【ロック解除】をクリックします。

【接続】をクリックします。

Connected to MetaMaskが表示されます。これでLEADEDGEとMetaMaskの接続は終了です。

LEADEDGEのTop画面を見ることができます。

まとめ

以上がLEADEDGEを始めるための初期設定方法です。

今後NFTの販売・購入方法は随時アップデートしていきます。

尚、上記情報は、2021年12月に設定した際の情報になります。最新の設定方法や、その他の情報などは今後異なる可能性があります。ご了承ください。