メタバースの暗号資産(仮想通貨)銘柄(SAND・MANA・AXS)の紹介および購入方法

メタバース
Crypt Panda
メタバースの関連の暗号資産ってどんな銘柄があるんだろう?
CryptoPanda
この記事ではメタバース関連の暗号資産銘柄及びその購入方法を紹介するね!

巷で話題のメタバース。

世界には様々な、メタバースを体験できるプラットフォームがあります。

各々のメタバースプラットフォームでは独自通貨を発行しており、その独自通貨でアイテムや土地を購入します。

今回は、メタバース関連の暗号資産の解説、及びそれらの購入方法を解説させていただきます。

このブログで下記内容がわかります。

  • メタバース関連の暗号資産銘柄
  • メタバース関連の暗号資産を購入する方法
  • 暗号資産を購入する際の注意点

*暗号資産の価格は常に暴落する可能性があります。各自自己責任でお願いします。

メタバース関連のおすすめ暗号資産(仮想通貨)銘柄3選

今回紹介させていただくのは3つの暗号資産です。

  • SAND
  • MANA
  • AXS

SAND (The Sandbox)

日本のソフトバンクグループも出資した「 The Sandbox 」。

SANDは「The Sandbox」で使用される、独自通貨です。

The Sandboxの簡単なイメージは、仮想通貨とマインクラフトを組み合わせたゲームです。

土地を開発し、ゲームなどをして楽しみます。

Sandを保有していると、The Sandbox内で使用するアイテムを売買することができます。

The Sanbox 」に興味がある方は、下記サイトをご参照ください。

MANA (Decentraland)

メタバース空間として知られている「 Decentraland(ディセントラランド)」。

MANAはその「Decentraland 」で使用される、暗号資産です。

ディセントラランドではゲームはもちろん、 ディセントラランド の土地(LAND)やアバター用のアイテムを売買することができます。

直近だと、 下のツイートのようにディセントラランドの土地が高値で売買されています。

Decentraland 」に興味がある方は、下記サイトをご参照ください。

AXS (Axie Infinity)

NFTゲームで知られる「Axie Infinity」。モンスターを集めて戦わせる対戦ゲームです。

Axie Infinity では、ただ遊ぶだけではなく、お金を稼ぐことができるんです。

アリーナという対戦ゲームで入賞すると独自通貨「AXS」を獲得することができます。

「Axie Infinity」の始め方は、下記サイトをご参照ください。

メタバース関連の暗号資産(仮想通貨)を購入する方法

今回紹介させていただいた3つの暗号資産は、SANDのみ日本の暗号資産取引所コインチェックで購入することができます。

SAND以外は海外の取引所で購入する必要があります。

そのため今回は、海外の取引所で「MANA」と「AXS」の暗号資産を購入する方法を解説させていただきます。

  • コインチェックの口座開設
  • Binanceの口座開設
  • コインチェック⇒Binanceへビットコイン送金
  • 暗号資産の購入

それぞれ説明させていただきます。

コインチェックで口座開設

Binanceへは、日本円を送金することが残念ながらできません。。

国内暗号資産取引所でビットコインを購入し、Binanceに送金する必要があります。

コインチェックで口座を開設されていないかたは、こちらのページをチェックください。

Binanceの口座開設

次にBinanceの口座開設をします。

Binanceで口座を開設されていない方はこちらのページをチェックください。

コインチェック⇒Binanceへビットコイン(BTC)の送金

コインチェックからBinanceへビットコイン(BTC)を送金します。

送金方法は下記サイトをご参照ください。

暗号資産(仮想通貨)の購入

Binanceでの暗号資産の「SAND」を購入方法を下の記事でまとめました。良ければご参照ください。

メタバース関連の暗号資産(仮想通貨)を購入する際の注意点

メタバース関連の仮想通貨を購入する際の、注意点をお伝えします。

公式ページを必ずクリックする

公式ページを模倣した偽サイトがあります。必ず公式サイトをクリックしましょう。

下のツイートのように、MetaMaskの偽サイトが目撃されています。

MetaMaskのリカバリーフレーズ は第三者に教えない!

MetaMaskを設定する際に入手する” リカバリーフレーズ”” は絶対に第三者に教えてはいけませんDMで詐欺メールが聞いてくることがあります。

リカバリーフレーズ を教えてしまうと、MetaMaskに入っている資産を全て盗難される可能性があります。

まずは少額から始める

今回紹介させていただいた暗号資産は海外の取引所で購入する必要があります。

コインチェックからBinanceへ送金する際は、最大の注意が必要です。

宛先を間違えると、二度とビットコインは返却されません。

初めての場合は、できる限り少額から取引を始めることが大切です。

メタバース関連の暗号資産(仮想通貨)まとめ

如何だったでしょうか?メタバース関連の暗号資産を購入するための方法を説明させて頂きました。

メタバースで使用される暗号資産は多々あります。

値上がりを期待して購入する方法もありと思います。

しかし、まずは自分が楽しみたいともうメタバースの暗号資産を購入されるのがおすすめです。

尚上記の情報は、2022年1月の情報になります。今後設定方法・手順は変更される可能性があります。ご了承ください。