【NFT Giveaway】TwitterでのNFT Giveaway企画のやり方に関して

nft giveaway 暗号資産
しょうじ
このページでは、NFTクリエーターさん向けに、TwitterでNFTをGiveawayする方法を紹介します!
しょうじ
NFTをGiveawayする際は、様々な注意点があるので、合わせて説明させて頂きます!

製作したNFT作品を【 Giveaway 】する際の流れをまとめてみました。

Giveawayとは、NFTアートを他の方にプレゼントするということを示します(送付する際、ガス代(手数料)がかかります)。

Twitter上で、 自分の作品を 広めたい時などの企画として利用されます。

今回は実際にGiveaway企画を立て、経験した内容をまとめてみました。

NFT Giveway企画とは?

しょうじ
そもそもGiveawayって何?

そもそもNFT Giveawayとは何ぞや?という話ですが、NFTを他の方にプレゼントするということです。

*NFTを送付する際、ガス代(手数料)がかかります

NFT クリエーターの方が、作品の立ち上げ初期に、Twitter上で自分の認知度を上げるためによく利用されています。

何故認知度が上がるのかといいますと、Giveawayする条件として、自分のアカウントのフォロー+リツイートをすることが条件となるからです。

リツイートされることで、自分のアカウントがTwitter上で拡散され認知度があがります。

下はGiveawayのために筆者自身がツイートした実例です。

NFT作品をプレゼントする代わりに、いいねとリツイートを条件としています。

NFT Giveaway企画のやり方・方法は?

しょうじ
NFTのGiveaway方法をお伝えするよ~!

それではNFTをGiveawayをするやり方を説明させて頂きます。

Giveawayしたい作品をMint(ミント)する

Giveawayしたい作品をOpenSeaでMintします。

MintとはNFTを生成する、つまり作るということです。

ここで注意点
GiveawayするNFTは、Twitterで投稿する前に、OpenSea上で必ずMintしてください!
もしくはTwitter上で投稿する際は”Sample”と追記したほうがいいです。
Mintする前に、Twitterに投稿すると、あなたの作品が他者に無断でコピーされる危険性があります!
まずMintすることで、あなたの作品であるという証明がきちんとされます。

下の図は、実際筆者がTwitter上に投稿した図です。

筆者の場合、OpenSea上でMintを事前にしていますが、”Sample”とも記載してTwitterに投稿しています。

尚Mintに関しては、下記サイトをご参照ください。

一つのデータから複数枚のNFTを生成する方法は?

Giveawayをする際、一つのNFTを複数の方に送付する方がいます。

特にPolygon仕様で販売する方には多いです。どのように複製されているかというと、NFTをMintする際の【 Supply 】で数を設定します。

Create new itemを開く

Supplyで数量を設定

更に詳細を知りたい方は、下記サイトをご参照ください。

Twitterに投稿する

それでは、生成したNFTをTwitter上で紹介していきます。

今回は下記条件でTwitterに投稿しました。

  • アカウントのフォロー
  • 投稿記事のいいね
  • 投稿記事のリツイート

また締め切り日を設定したほうがベターです。締め切りが近づくとリマインダーのツイートをする方もいます。

注意点
Giveawayの条件として、投稿のリプ欄にウォレットアドレスの記載を条件にするのは、
絶対にやめましょう。詐欺師に利用される可能性があります。

実際、詐欺の事例が出ています。

Giveawayの投稿主を装って、詐欺師が、応募者のウォレットにスパムのNFTを送付しています。

ウォレットアドレスは気軽に公表してはいけません。

Twitter投稿の結果

Twitter投稿後、ありがたいことにリツイートもされています。今回は7回のリツイートと11いいねを頂きました。

また、 フォロワー数も並行して増加しました。

当選者の決定

締め切り日になり、当選者を決定します。当選者の選定方法は各自それぞれです。

筆者の場合、自分の作品を大事にしてくれそうな方にプレゼントしました。

そのため、リツイートしてくれた方のTwitterプロフィール欄や、その方のSNSを確認して、その方の人となりを確認した上で選定しました。

当選者とコンタクト

当選者の方にコンタクトをします。ここではTwitterのDM機能を使用し、直接当選者の方にコンタクトしましょう。

そして相手のNFTの送り先であるウォレットアドレスをヒアリングします。

送り先アドレスは、OpenSeaでいうと各自プロフィール欄の下記箇所に示されたアドレスです。

当選者に該当アドレスをヒアリングします。

当選者の発表

当選者をTwitter上発表します。ただし、Twitter上での当選者の発表は任意です。

発表をする方としない方に分かれると思います。

筆者の場合、アカウントの信頼度を上げるためにも、当選者のアカウント入りでツイートしました。

理由としては、企画だけして、結局当選者はなしでは?という不信感を払しょくするためです。

NFTはScan(詐欺)が溢れているので、クリエーターの信頼度が大切です。

またここで注意点があります。

注意点
当選者の発表はNFTを当選者に渡し、送付の確認がとれた後にしましょう。
送る前に当選者をTwitter上で発表すると、当選者の類似の偽アカウントから貴社にコンタクトしてくる可能性があります。

筆者は、DMを通して、NFTの当選者に送付が確認とれた後、下記ツイートをしました。モザイクの箇所に、NFTをGiveawayする方のアカウントをのせています。

尚 当選者の方に、NFTを送る方法は下記記事を参考にしてください。

NFTを送る方法

しょうじ
どうやってNFTを送ればいいの?

NFTを当選した方に送る手順は下記となります。

プレゼントしたいNFTを開き、【Transfer】ボタンをおします

プレゼントしたいNFTを開きます。右上にある、プレゼントのマーク、【Transfer】をクリックします。

送り先のアドレスを記入する

当選者の方からヒアリングした、アドレスを入力 or ペーストします。その後【Transfer】をクリックします。

送り先を登録すると、下記確認画面がでてきます。【Transfer】をクリックします。

ガス代をチェックする

ガス代が表示されます。問題なければ承認します。今回はイーサリアム仕様のNFTを送付しました。

そのためガス代が必要となります。

NFT送付完了

手続きが終わると、下記送付手続きが進むと表示が出て、完了となります。

まとめ

以上がNFT Giveaway企画の流れでした。

Giveaway企画をすると、アカウントの知名度が上昇するのは確かです。

是非一度お試しください!

ただし、Giveaway企画をすると、Twitter上で詐欺アカウントからのDMがくるなど危険な面もあります。最新の注意を払い、各自自己責任で実施しましょう。

Giveawayをする前に、よければ下記サイトもよければご参照ください。

TwitterでNFT・メタバースに関して呟いています(@yuichiro0802)。よければフォローいただければ嬉しいです。

【NFT注意点】NFTを始める前に知っておくべきこと

NFTはScan(詐欺)が多いです。事前にScanの事例を知ることで、自分を守ることができます。下記サイトでまとめています。

【NFT用語集】 NFTに関する用語集まとめ

NFTをする際に、最低限知っておきたい専門用語を下記サイトでまとめました。わからない単語があった際は、ご参照ください。

【超初心者向け】NFTアートの購入・販売の始め方

NFTの購入・販売方法を下の記事でわかりやすくまとめています。よければご参照ください。

尚上記の情報は、2021年10月に設定した際の情報になります。最新の設定方法や、その他の情報などとは異なる可能性があります。ご了承ください。